集合論


集合に対して
かつ ならば である
を空集合とする。
任意の集合に対して

つまり、任意の集合は空集合を部分集合としてもつ
● 空集合は一意的である
集合に対して
が成り立つ
とする。
このとき、以下の二つが成り立つ。


という関数があるとする。
とすると、 以下の2つが成り立つ

という関数があるとする。
とすると

という関数があるとする。
とすると


またが単射ならば


という関数があるとする。
とすると


またが単射のとき


という関数があるとする。
とすると


またが全射のとき


戻る