ocamltter

ocamltter

ocamltter は ターミナルで動作する Twitter クライアントです。OCamlの対話環境を使って動作するのでOCamlの関数を利用することができます。または対話的にオリジナル機能やボットなどを開発することができます。

ocamltterで日常的にOCamlに触れることによって、自然に関数型言語(ML)の技術を身につけることができるでしょう。 image

リポジトリ

http://github.com/yoshihiro503/ocamltter

API Document (ocamldoc)

http://yoshihiro503.github.com/ocamltter/

インストール方法 その1: OPAMを使う

  • opam install ocamltter

インストール方法 その2: ソースからインストール

必要要件

  • OCaml >= 4.00.1
  • OCamlFind
  • Cryptokit >= 1.3
  • OCurl >= 0.5.3
  • Meta_conv >= 1.1.1
  • Tiny_json_conv = 1.4.0
  • Spotlib = 2.2.0
  • OMake

ビルド

$ ocaml setup.ml -configure
$ ocaml setup.ml -build

使い方

起動

$ ocamltter

またはrlwrapがあればなお便利。

$ rlwrap ocamltter

コマンド一覧

すべてのコマンドは単に関数呼び出しです。

コマンド名 説明

l();;
タイムラインを取得する
lc N;;
長さN件数のタイムラインを取得する
lu “NAME”;;
@NAMEさんのツイートを取得する
m();;
自分へのツイートを取得する
u “TEXT”;;
文字列TEXTをツイートする
re ID “TEXT”;;
IDのツイートに対して返事をする
del ID;;
自分の発言を取り消す
rt ID;;
IDのツイートに対してリツイートする(公式RT)
qt ID “TEXT”;;
IDのツイートに対してコメント付きでQTする(非公式RT)
qtlink ID “TEXT”;;
IDのツイートへのリンクを含んでツイートする
follow “NAME”;;
@NAMEさんをフォローする
unfollow “NAME”;;
@NAMEさんをフォロワーからはずす
fav ID;;
ツイートをお気に入りに登録する
report_spam “NAME”;;
@NAMEさんをスパムとして報告する
s “WORD”;;
文字列WORDを含むツイートを検索する
show ID;;
IDのツイートを取得する
link ID;;
IDのツイートへのリンクを取得する
kwsk ID;;
IDのツイートへの会話を表示する
setup();;
別アカウントとしてログインしなおす
stop_polling ();;
タイムラインを取得するポーリングを停止する
start_polling ();;
タイムラインを取得するポーリングを起動する
limit_status ();;
現在のAPIステータスを確認する
let CMD () = …;;
あなただけのオリジナルコマンドを実装する
help;;
ヘルプメッセージを表す文字列
#quit;;
ocamltterを終了する

カスタマイズ

config.mlを書き換えて、自分専用にカスタマイズすることができます。設定できるのは次の3つの項です。

  • filter : tweet -> bool 通常のタイムラインで得られるツイートのうち、表示させたくないものを定めることができます。

  • watching_words : string list 注目しているキーワードを設定してください。通常のタイムラインに加えて、このキーワードを含むツイートを表示させます。

  • coffee_break : ref float ポーリングの感覚を秒単位で設定します。ref型(参照型)で定義してあるので、ocamltter起動中に動的に変更することも可能です。