• Android SDK とエミュレータをEclipseを使わずにインストールする方法
  • この記事は2011年12月頃に書きました。

Android SDK †

linux †

  • SDKをダウンロード: http://developer.android.com/sdk/index.html
  • 環境変数を設定 (/path/toのところは実際のSDKのパス)
    export ANDROID_HOME=/path/to/android-sdk-linux
    export PATH=$ANDROID_HOME/tools:$PATH
    export PATH=$ANDROID_HOME/platform-tools:$PATH
  • androidというコマンドでAndroid SDK Managerが起動できる。
    $ android

AndroidSDKManager.png

  • Android 4.0, Android 3.2 などインストールしたいAPIにチェックをいれ、「install packages」をクリック。
  • 数分後にAPIインストール完了。

エミュレータ(AVD)のインストール †

linux †

  • targetのidを調べる。AVDのインストールには-tオプションによるターゲットidの指定が必要です。そのidは環境ごとに異なるのでチェックする必要があります。
$ android list targets
Available Android targets:
----------
id: 1 or "android-10"
    Name: Android 2.3.3
    Type: Platform
    API level: 10
    Revision: 2
    Skins: WQVGA400, QVGA, WVGA800 (default), HVGA, WVGA854, WQVGA432
    ABIs : armeabi
----------
id: 2 or "android-13"
    Name: Android 3.2
    Type: Platform
    API level: 13
    Revision: 1
    Skins: WXGA (default)
    ABIs : armeabi
----------
id: 3 or "android-15"
    Name: Android 4.0.3
    Type: Platform
    API level: 15
    Revision: 1
    Skins: WQVGA400, WSVGA, WXGA800, QVGA, WVGA800 (default), HVGA,  VGA854, WXGA720, WQVGA432
    ABIs : armeabi-v7a
  • AVDの生成 -nで名前、-tでターゲットidを指定します。例えば次のようにタイプします。
    $ android create avd -n "myGreatAVD-3.2" -t 2
  • /.android/avd/ディレクトリに指定した名前のAVDができていることを確認できます。

  • エミュレータの起動
    $ emulator -avd "myGreatAVD-3.2"


添付ファイル: fileAndroidSDKManager.png 681件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-28 (水) 04:06:54 (3254d)