注意: これは2012年2月に書きました

概要 †

Scalaの開発でしばしば利用されるビルドツールのSBT (simple build tool)を使えばAndroidの開発も簡単に進めることができます。Eclipseは必要ありません。お気に入りのエディタを使いましょう。Javaだけのプロジェクトでもビルドできます。sbtであなたのAndroid開発を高速にしましょう。

準備 †

Android SDKをインストール †

参考: ネタ記録庫/Scala/Android/Android SDKとエミュレータのインストール

sbt-0.11.2のインストール †

http://typesafe.artifactoryonline.com/typesafe/ivy-releases/org.scala-tools.sbt/sbt-launch/0.11.2/sbt-launch.jar

sbt plugin for android をインストール †

Scala sbt-0.11.2を使って快適Androidアプリ作成環境を作るためのGetting started。

参考:

Android用のsbt-pluginのインストール †

android開発のためのsbt pluginのインストールには次が必要

  • n8han氏のconscript
  • n8han氏のgiter8

それぞれホームディレクトリに簡単にインストールされる。root権限がなくても大丈夫。

conscriptのインストール †

$ curl https://raw.github.com/n8han/conscript/master/setup.sh | sh

$HOME/bin/csというコマンドとして使えるようになる。

giter8のインストール †

$ ~/bin/cs n8han/giter8

$HOME/bin/g8というコマンドとして使える

plugin のインストール †

$ git clone git://github.com/jberkel/android-plugin.git
$ cd android-plugin
$ sbt publish-local

Androidプロジェクトの雛形を生成 †

  • android-SDKをダウンロードし/usr/local/とかに配置する。ダウンロードはこちら(http://developer.android.com/sdk/index.html )
  • ANDROID_HOMEという環境変数を設定する。
    $ export ANDROID_HOME=/usr/local/android-sdk-linux_x86
  • パスを通しておく
    $ export PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/tools
    $ export PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/platform-tools
  • g8で雛形を生成
    $ ~/bin/g8 jberkel/android-app
    パッケージ名、プロジェクト名、メインActivity名、api levelを聞かれるのでそれぞれ入力する。 成功するとプロジェクト名のディレクトリが生成され、Helloworldアプリが作られる。

Helloworldプロジェクトのビルド †

生成されたプロジェクトディレクトリ内に移動するとproject, src, testsの三つのディレクトリが存在する。ここでsbtコマンドを実行する。

$ sbt

また、emulatorは起動しておく

$ emulator -avd AVD名

sbtでビルド

> android:package-debug

emulatorで実行 †

sbtで

> android:start-emulator

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-03 (金) 19:46:52 (3152d)