Microsoft Windows †

Microsoft Windows に OCaml をインストールする場合、 本家サイトに用意されているバイナリ版を 以下からダウンロードして利用する. http://caml.inria.fr/download.en.html

OCaml の Windows バイナリ版には 3 種類あり、環境に合わせて選択する必要があります。 本家の配布サイトにおいても説明されていますが、それぞれのビルドの特徴を表にまとめ ておきます。

Native MSNative MinGWCygwin
追加で必要な環境Microsoft Visual StudioCygwinCygwin
実行速度70%100%100%
デバッガ××
Unixライブラリ一部未対応一部未対応全対応
Graphicsライブラリ×
バイナリの依存なしCygwin,MinGWCygwin

MSVC版バイナリ †

Cygwinに慣れていない方は、まずはこのバイナリを使うといいと思います。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストーラーの指示に従っていくと インストールできます。

このバイナリの特徴を以下に挙げます。

  • ネイティブコードを生成する場合 Microsoft Visual C が必要
  • Microsoft Visual C があれば,特別なDLLを必要としない単体の Windows 用実行形式のプログラムを作成できる
  • Unix 向けの一部の関数が使用できない

MinGW版バイナリ †

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストーラーの指示に従っていくと インストールできます。

このバイナリの特徴を以下に挙げます。

  • 生成したネイティブコードがCygwinのDLLに依存する
  • グラフィック描画機能はMinGWに依存する

Cygwin上でのインストール †

ソースをダウンロードし Cygwin 上でコンパイル・インストールする方法です。 コンパイル・インストールの方法は、Unixへのインストールの節を参照して下さい。

この場合の特徴を以下に挙げます。

  • Unixライブラリをフルに活用できる
  • ステップ実行デバッグができる
  • Graphicsライブラリがサポートされていない

Mac OS X へのインストール †

Mac OS X へのインストール方法は2種類あります。一つはバイナリパッケージから インストールする方法、もう一つはソースパッケージからコンパイルしてインストー ルする方法です。バイナリパッケージからのインストールは簡単ですが、PowerPC 用のバイナリしか用意されていません。Intel CPU上のシステムにインストール する場合、ソースパッケージからコンパイルしてインストールする必要があります。 各プラットフォームに合わせてインストールして下さい。

どちらの方法でも実行コードはデフォルトでは /usr/local/binディレクトリにイ ンストールされます。

バイナリ †

http://caml.inria.fr/download.en.html から最新のバイナリパッケージをダウンロード し、ダブルクリックするなどしてマウントして表れるパッケージファイル(.pkg) をダブル クリックしてインストーラを起動します。インストーラの指示に従ってインストールでき ます。

コンパイルしてインストール †

Mac OS X で OCaml をコンパイルする場合 XCode がインストールされている必要がありま す.

http://caml.inria.fr/download.en.html から最新のソースパッケージをダウンロードし, 解凍して表れるディレクトリに移動し,以下の手順でコンパイル・インストールを行いま す。

コンパイルします。

$ ./configure
$ make world
$ make opt

管理者になってインストールします。

$ su 
# make install

Unix/Linux系OS †

基本的にソース tarball からコンパイルしてインストールします。

もしパッケージシステムを利用する場合は、最新のバージョンかどうかを確認して から利用して下さい。最新のバージョンでない場合は、バージョン番号の最 後の桁が、その前の桁の最後のリリース番号である事を確認しましょう。 (例えば、3.08系なら3.08.4が最後のリリース。)

http://caml.inria.fr/download.en.html からtarball をダウンロードし,展開して現れる ディレクトリに移動し,以下の手順でコンパイル・インストールを行います.

$ ./configure
$ make world
$ make opt
$ su
# make install

FreeBSD †

FreeBSD 6.1の場合には、makeが通るのにmake installで失敗するという現象が 確認されています。Makefileの依存関係を修正すれば直るらしい(少なくとも本家のバグ DBにはそう書いてあった)のですが、私の実験では直りませんでした。インストールに失 敗する部分を無視して手動でコピーすれば、無事インストールは出来ますが、面倒の一言 なのでpackageでインストールしてしまう事をお薦めします。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-20 (木) 03:43:02 (4601d)