XocamlbookX

場所
1章-OCamlに触れる
2章-言語の基礎
P.085val length1 :val length :
P.092無名関数(fun x - t x *. rate)無名関数(fun x -> x *. rate)
P.093(fの型は(f : unit - t 'a)となります)(fの型は(f : unit -> 'a)となります)
3章-型を理解する
4章-モジュールシステム
5章-オブジェクト指向機能
P.158row polymorphismは「列多相」よりは「行多相」の方が適切かもしれません(間違いではありませんが) (列=columnという考え)
P.162?footnoteが消滅?"Java等の感覚で言うところのコンパイルが通れば"といった脚注
6章-標準ライブラリの利用
7章-OCamlを使ってみよう
8章-OCamlあれこれ散策
索引
P.194'a Lazy.t の型が 'a lazyl_t に'a lazy_t
P.259直和型(な行にある)た行("直積型"と"通信プロトコル"の間)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-11-27 (火) 23:39:56 (4711d)